Googleタグマネージャを使用してSessionCamを追加する

この記事では、Googleタグマネージャーを利用してSessionCam計測タグを計測サイトのページに配信する方法について説明します。
これらの手順は、Googleタグマネージャが設定されており、計測サイトのアカウントに新しいタグを作成するためのアクセス権があることを前提としています。
手順を開始するには、GoogleタグマネージャーにGoogleアカウントでログインして、[新しいタグ]をクリックします。
次に[タグ設定]ボックスをクリックしてと、使用できるタグタイプのリストが開きます。「カスタムHTML」を選択する必要があります。
カスタムHTMLタグに、次のSessionCamコードスニペットを追加してください。
<script type="text/javascript"> 
<!-- SessionCam Client Integration v6.0 -->
//<![CDATA[
var scRec=document.createElement('SCRIPT');
scRec.type='text/javascript';
scRec.src="//d2oh4tlt9mrke9.cloudfront.net/Record/js/sessioncam.recorder.js"
document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(scRec);
//]]>
<!-- End SessionCam -->
</script>
SessionCam計測タグをカスタムHTMLタグに設定したら、このタグを実行するトリガーを設定する必要があります。
[トリガー]ボックスをクリックします。
既存のすべてのトリガーのリストが開きます。
SessionCam計測タグの出力では、「DOMReady」トリガーを使用することをお勧めします。これは、DOM(およびほとんどの場合、これはすべてのページコンテンツを意味します)がロードされるまで、SessionCamがページの記録を開始しないことを意味します。
画面の右上にある「+」記号をクリックして、新しいトリガーを作成してください。
次に[トリガー構成]ボックスをクリックすると、使用できるトリガータイプのリストが開きます。「DOMReady」を選択します。
これを設定したら、ページの右上にある[保存]ボタンをクリックすると、トリガーが保存され、設定しているタグに適用されます。
その後、前の画面に戻り、設定したタグとトリガールールを確認できます。この時点で、構成の設定を確認し、画面の右上にある[保存]ボタンをクリックするだけです。
その後、ワークスペースの概要に戻ります。
設定したタグを公開して、これらがサイトで有効になるようにしてください。
タグが公開され、SessionCamコンソール内で記録ステータスが「オン」に設定されている場合、すぐに記録を開始します。
Scroll to Top