CS Score

使いにくい箇所の発見・集計

機能説明:

ユーザーが最も困っているページをランキングし、優先順位を自動的に表示します。

機械学習アルゴリズムにより、各ページに悪戦苦闘スコア(C Sスコア)が付けられ、ランキングされます。これにより、ユーザーが最も不満を起こすページが自動的に特定されます。

こうして、C Sスコアが最も高いページからページ分析をすることで、全ての録画を見なくても、早急に対応しなければならないページから改善することができます。

また、Struggle Pages (ストラグル・ページ) では、一番C Sスコアの高い100ページが一覧にまとめられています。

サイト全体のC Sスコアのトレンドがグラフ化され、サイト全体の顧客困難度の状態を把握することができます。

さらに、各ページのC Sスコアのトレンドも確認できることができます。そのページのC Sスコアは今上昇しているのか(問題がもっと発生している)、低下しているのか(改善されている)が分かります。

C Sスコアのトレンドを把握することにより、設けた改善対策が効果的であるのかを測ることができます。

どのような場面で使うのか:

数多くの録画データから、改善を最も優先するべきページを特定することが困難で時間がかかる作業です。

Sessioncamは、機械学習アルゴリズムにより自動的にWEBサイトのページを最もトラブルが起きる順でページをランキングしているため、全ての動画を見なくても最も改善を必要とするページを見極めることができます。

すばやく問題を特定することで、W E Bサイトの使い勝手とコンバージョン率をスピーディに向上させることができます。

【CS Score:CSスコア】の使い方:

セッション・リプレイやファネル分析は、CSスコアが最も高い(トラブルが最も起きている)セッションの順で並べられています。

また、ページごとにもAvg Cs Score (平均CSスコア)がつけられ、改善の優先順位を決めることができます。

また、ページごとにもAvg Cs Score (平均CSスコア)がつけられ、改善の優先順位を決めることができます。

サイト全体のC Sスコアもグラフで視覚化され、カスタマーストラグルの状況を一見で確認することができます。

各ページのC SスコアもCS Score Trend(C Sスコアのトレンド)のグラフで確認することができます。

Change (変化)の列で、C Sスコアが上がっているのかと下がっているのかもわかりやすく表示されます。

▲の印が表示されていると、そのページのC Sスコアが上がっていることを意味します。改善が必要ことを表しています。

▼の印が表示されていると、そのページのC Sスコアが下がっていることを意味します。ページが改善されていることを表します。

Scroll to Top