Errors

ウェブサイトのエラーを発見し、迅速に対処

機能説明:

ウェブサイトで発生する様々なエラーを自動的に検出し、収集する機能です。

あなたの気付いていないところで様々なエラーが発生している可能性があります。

  • フォームエラー
  • H T M Lのエラー
  • ”ページが見つかりません”エラー
  • その他エラー

しかし、W E Bサイトで発生する様々なエラーを発見することは困難で時間がかかる作業です。

SessionCamのエラー発見機能は、自動的にエラーを検出・収集してくれるため、あなたのエラー確認作業が高速化されます。

どのような場面で使うのか:

フォームエラーや検証エラーなどのサイトに関わるあらゆるエラーはユーザーの離脱の一つの原因になっている可能性があります。

あなたの見えていないところで起きているエラーの早急な発見により、エラーによる離脱者数を減らすことができます。

【Error: エラー発見・集計】の使い方:

Errors機能で発見されたエラーとその発生数、発生率、またそのエラーによる機会・利益損失の見込み (Revenue at Risk) などがわかります。

Errors機能のページに入ると、画面の上半分が特定した期間で発生したエラー数をまとめたグラフとなります。このグラフでTotal Error Count (発生社たエラーの合計数)とTotal Revenue at Risk (エラーによる利益損失の合計額)を一見で確認することができます。

※BtoB企業の場合は、あらかじめフォーム1送信に対して5万円などの価値を設定することにより、利益損失が計算できます。設定する場合は、当社までご連絡ください。)

Errors機能画面の下半分はサイト内に発生したエラー全てを一覧として表示しています。

「+」を押すと、そのエラーが発生したページとその詳細を確認することがでいます。

【Errors機能画面の表示項目】

  • Error message (エラーメッセージ):エラーの種類
  • Error count (エラー数):エラーが発生した合計回数
  • Sessions (セッション):エラーが発生したセッションの数
  • Error rate (エラー率):総セッション数のうち、エラーが発生したセッションの割合
  • Revenue at risk (利益損失):エラーによる予測利益損失額
  • CS score (CSスコア):顧客がどれくらい苦戦しているのか

 

「Export」のボタンにより下記のデータを保存することができます。

  • Graph (グラフ):.png
  • All Messages (全てのエラーメッセージ):.csv
  • Current Page URL (エラーが発生したページのU R L):.csv
Scroll to Top